行政実績

Achievement

ドローンは短時間で上空から
地上の状況を把握できるため、
多くの自治体で被災状況の把握や
被災者の発見
に活用されています

災害現場での
ドローン活用メリット

Merit

  • 被災状況の把握

    被災地上空を飛行し、
    より短時間で全体の被災状況を即座に把握

    被災状況の把握
  • 被災者の発見

    人が立ち入るのが危険な場所や、
    瓦礫などで立ち入れない場所も飛行可能

    被災者の発見
  • 安全なルートの確認

    救援隊や物資輸送の際、
    ドローンが先導し安全なルートを確認

    安全なルートの確認

今後、さらに、活躍の場が
広がる
ことが期待されています

  • 被災現場への
    物資輸送

    被災現場への物資輸送
  • 被災者の救助

    被災者の救助
  • 消火活動

    被災者消火活動の救助

取り組み事例

Case

災害協定の締結

さまざまな自治体と災害協定を締結しており、
災害発生時にドローンを活用して被災状況の
調査等で支援してまいります。

  • 「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

    東京都江戸川区

    「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

    2020年11月11日

    災害発生時に江戸川区の要請に基づき、ハミングバードが被災現場でドローンを運用して上空から収集した情報を提供することが定められています。
    空撮された映像は、本庁舎等に設置された高所カメラでは確認できない箇所など、被災状況を一早く把握できるよう用いられ、例えば住家被害認定調査などに活用することを想定されています。

  • 「災害時における無人航空機を活用した支援協力に関する協定」を締結

    東京都足立区

    「災害時における無人航空機を活用した支援協力に関する協定」を締結

    2021年8月30日

    地震災害、風水害その他の災害によって足立区内で被害が発生した場合、ハミングバードへ協力要請することで、ハミングバードの操縦士が所有の無人航空機を使い、被災状況の調査を行います。

  • 「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

    東京都葛飾区

    「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

    2021年8月30日

    足立区、葛飾区、江戸川区には区の左側を荒川が流れています。荒川が氾濫した場合には、3区の自治体ほとんどの地域で浸水が予測されており、最悪の場合は、54万人が孤立すると想定されています。

    河川が氾濫し、土砂などによって交通手段が遮断された場合は、人の目で被災状況の把握を行うことは非常に難しくなります。
    そこで上空からドローンを活用し、より正確に状況を把握することが求められます。3区において災害協定を締結できたことにより、荒川より東側の3区間において、より迅速な状況把握が行えるようになりました。

  • 「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

    東京都渋谷区

    「災害時における無人航空機を活用した支援協力に関する協定」を締結

    2023年1月20日

    スクランブル交差点などがある渋谷駅周辺は海抜約15mとなっており、渋谷区の東側、西側、北側は海抜30m以上となっています。このようにすり鉢状の地形になっていることから地下鉄の電車が地上に出てくるなど地形の特徴が街に現れています。

    渋谷区は都内でも比較的地震や洪水などといった災害に強い街です。しかし一部の場所では災害に弱い場所もあり、観光地として人が集まりやすいことから甚大な被害が出てしまうことも想定されます。

    そこで今回、地震災害、風水害その他の災害が発生した場合、ドローン(無人航空機)の活用により一早く被災状況を把握できるよう災害協定を締結するに至りました。

緊急災害対応アライアンス
「SEMA」への加盟

民間企業と市民団体(CSO)が連携して
災害支援を行うための仕組みに加盟し、
取り組みを進めています。

「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

ドローンを活用した被災状況の把握や被災者の発見で支援すべく、緊急災害対応アライアンス「SEMA」に加盟

2022年1月18日

SEMA 加盟企業・市民団体の一覧
https://sema.yahoo.co.jp/member/

医療機関との連携

医療法人伯鳳会 東京曳舟病院様と提携し、
災害時にドローンを飛行させることができる
操縦士の育成を支援しています。

「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

医療法人伯鳳会 東京曳舟病院が導入した世界初の災害医療対応モビリティ・ソリューション「Medical-ConneX」に対し、ドローン操縦士の育成を支援

2021年11月19日

都心型災害に対応可能な操縦士の育成

都心部における災害を想定した現地訓練を
定期的に実施しています。
また、スクール卒業生のなかでも操縦経験豊富な
20名に定期的な勉強会を開催しています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

主な実績

Result

東京都
都職員への技術講習
総務局防災課=110名(2022/12現在)
建設局=20名(2023/12現在)
ドローン関連公演協力(政策局)
インフラ点検の検証
災害時河川調査検証
市町村消防団の育成
渋谷区
災害協定締結
渋谷区施設にてドローンイベントの開催
災害時を中心とした様々な取組を協議中
足立区
国家資格講習
足立区職員への技術講習
集中講習及び、定期研修
区内緑道記録撮影
区施設ドローン撮影利用者審査受託
災害協定締結
墨田区
職員向け勉強会
文化財の空撮
区立学校の外壁調査
災害協定締結
国土交通省
職員向け講習会の実施
公立小にて、総合学習防災授業の共同開催
江戸川区
災害協定締結
災害時を中心とした様々な取組を協議中
笠間市
笠間市職員への技術講習
集中講習を6名に対し2021/1実施予定
つくば市
公立小にて、総合学習防災授業の開催
神奈川県
神奈川県ドローン前提社会ネットワーク会員

Recruit

採用情報

ドローンのことが大好きな方
ドローンスクール四日市で一緒に働いてみませんか?

ドローンスクール四日市の社員

School

スクールのお申し込み

ドローンの知識・操縦スキルの習得国土交通省認定のDPAの資格取得
を目指すなら

Contact

お問い合わせ

スクールのご利用や各種サービスについて
お気軽にお問い合わせください